格安スマホと格安SIMの紀行文的読み物

格安スマホ紀行

格安SIM

格安SIMの契約はあまりにも簡単でリスクも低い

更新日:

格安スマホや格安SIMと聞いて、それだけで抵抗がある人もいることでしょう。

何故抵抗を感じるのかというと、それはもちろん、「よくわからないから」です。

わからないことにわざわざ手を出すくらいなら、今まで通りドコモやau、ソフトバンクで利用していく方が簡単だ、という思考ですね。

それはそれで一つの考え方ですし、好きな方法を選択できるのですから、そういう抵抗を感じている人がわざわざ格安スマホや格安SIMを利用する必要はないと思います。

ただ、少しでも心に引っかかりを感じているのであれば、チャレンジしてみるべきだと思います。

「格安スマホ、気になるな・・・」「格安SIMにしたら安くなるのかな・・・」

そんな気持ちがあるのに動かないのは、あまりにもったいないと言えます。変えたら劇的に料金が変わるのはほぼ間違いないです。

ということで、実は格安SIMはそれほど大きなリスクがあるものではなく、簡単に契約ができるものであるということを知り、考え方を変えてみてはいかがでしょうか。

簡単な格安SIMの契約

世の中の風潮として、格安スマホがどんどん契約を伸ばしていることは報道されていますが、それと同時にトラブルも急増している、というニュースも取り上げられたりしています。

そんな話を見るにつけ、これから格安スマホにチャレンジしたいと考えていた人は心が折れたりしているのではないでしょうか。

それはそれで当然だと思いますが、実際のところ、格安SIMに関していえばそれほど難しいものではなく、リスクもそれほど取らずに利用を開始できるサービスだったりするわけです。

そのため、興味があるのであれば、まずは深く考えすぎずにとりあえず使ってみる、というチャレンジ精神も必要になってくるかと思います。

お試しで利用してみて、ダメならそのまま大手キャリアを利用し続け、それほど使い勝手が変わらず料金は安くなるということが理解できたなら、逆に大手キャリアに残る意味がなくなってしまうはずです。

まずは一歩を踏み出すことが大事です。

 

格安SIMの安さ

まず理解しておく必要があるのは、格安SIMの料金についてです。

とりあえず最低限の料金で抑えようと思ったら、データ通信専用にしてしまうことで月額数百円で済んでしまうわけです。

数百円ですよ?

極端な話をするなら、さらに安い、月額料金0円なんてMVNOも存在しています。

考えられないかもしれないですが事実です。この事実を、知っているか知らないのかで、その人のその後の人生を大きく分けるわけです。

 

とにかく月額料金は安いのですから、今すぐ始めることに抵抗なんてないはずです。

月数百円も支払えない、負担が大きすぎる、と感じる人はいないと思います。そんな人がいたとしたら、大手キャリアのスマホなんて今すぐ辞めた方がいいはずです。

 

格安SIMのリスクの低さ

「確かに月額料金は安いのかもしれないけれど、他に必ずどこかで大きなお金がかかるはず、解約するときにお金がかかるんだろう?」

そう考える人もいるでしょう。当然です。大手キャリアで利用していた場合、必ずそうした考え方になります。

格安SIMを利用する場合において、月額料金以外にかかる料金としては、新規契約時の手数料等で3000円弱のみです。

そして、仮に契約をやめたいと感じた時の解約金ですが、データ通信専用SIMの場合は、ほとんどの格安SIMで解約金は一切かかりません。

今まで大手キャリアで解約金に苦しめられてきているので、この事実が受け入れられない人がいたりもしますが、本当に解約金はかかりません。

 

注意点としては、通話ができる音声通話対応SIMを利用した場合には、これは解約金がある格安SIMがほとんどです。規定利用期間が一年程度で設定してあるものが多く、その期間の解約に関してのみ解約金をかける、というケースが多く、大手キャリアのように、二年や三年も縛ったり、自動更新になりさらに四年目五年目と、更新月以外の解約に解約金をかける、などということもありません。

 

つまり、音声通話を利用しない、データ通信専用SIMであれば、解約金も一切かからず月額料金も安く、多少費用がかかる点としては新規契約時の手数料のみ、という手軽さなわけです。

それくらいの費用であれば、仮に失敗だったと感じたとしても、大きな負担ではないと思いませんか?

このように、格安SIMの契約は今、ハードルがかなり下がっているのです。

 

申し込みの手軽さ・今すぐ即時で契約可能

もしある日突然、「格安SIMの契約をしよう」と思い立ったとします。

その場合、その場ですぐに、契約が可能です。この手軽さこそが、格安SIMの真骨頂です。

ドコモやau、ソフトバンクでの契約を考えてみてください。

何時間もショップで待たされ、長々とよくわからない説明を受け、何枚も何枚も書類にサインをし、ようやく契約完了するのが大手キャリアショップです。

しかし格安SIMの場合、スマートフォンやパソコンされあれば、その場ですぐに申し込みができ、契約も完了します。

必要となるのは本人確認書類である運転免許証や保険証など。現住所記載の運転免許証であれば最も簡単で、1点で受付完了するので住所違いなどの場合には免許証の住所変更手続きをしておけばより早いです。

 

契約が完了したら、あとはSIMカードが送られてくるのを待つばかりです。

新しい格安SIM生活が、そこからスタートします。

充実した格安SIMライフを送れるように、ぜひお試し程度の利用からでもチャレンジしてみましょう。

 

-格安SIM

Copyright© 格安スマホ紀行 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.