格安スマホと格安SIMの紀行文的読み物

格安スマホ紀行

格安SIM

格安SIMって何なのさ/わかりやすく格安SIMについて解説します

投稿日:

最近話題の格安スマホ、そしてその格安スマホと同時に話題になることが多い格安SIM

 

今回はその格安SIMについて考えていきたいと思います。具体的に格安SIMとはいったいどういうものなのでしょうか。

そして格安SIMとは、果たしてどういう仕組みで安くなり、利用を開始するためにはどうしたらいいのでしょうか。

少しずつ概要やイメージが知られてきているとはいえ、まだまだわかりにくいところも多い格安SIMについて、わかりやすく解説していきます。

格安SIMとは何なのか

まず、そもそも格安SIMとは何なのか、という根本的なところから解決していこうと思います。

見てわかるとおり、格安SIMとは、「格安」「SIMカード」のことです。まさにその名の通りです。

SIMカードがそもそも何なのかは別記事で解説した通りです。→関連記事:「SIMカードって何なのさ

まだSIMカードがよくわからない、という場合には、上記関連記事を再度確認してみてください。

 

格安、というけれど、「安い」というからには比較対象があるはずです。

格安SIMの格安とは、何と比較して安いのかという問題ですが、これは言うまでもなく、大手キャリアであるNTTドコモ・KDDI au・ソフトバンクです。

その三社と比べて、格段に安いSIMカードを提供している事業者、そのことをMVNOというのですが、このMVNOについても別記事で解説した通りです。→関連記事:「MVNOって何なのさ

 

つまり、MVNOが提供する、格段に安いSIMカードのことを「格安SIM」というわけですね。

 

具体的に言うと、最近でいえば人気のLINEモバイルのSIMカード、楽天モバイルのSIMカード、mineoのSIMカードなど、各種MVNOはそれぞれのSIMカードを格安SIMとして提供しているのです。

そして、それらの格安SIMは、大手通信事業者(MNO)であるドコモ・au・ソフトバンクから通信網を借りて、サービスを提供しているのです。

そのため、どの事業者から回線を借りているかによって、ドコモ系の格安SIM、au系の格安SIMという具合に表現し、それぞれの違いに合わせて使い分けができるのです。

 

格安SIMにも料金プランがある

格安SIMの大きな特徴の一つとして、まず基本となるベース部分が、データ専用SIMになっているという点があげられます。

これには、格安SIMが登場してきた当初は、データ専用専用SIMのみの取り扱いだったということが影響しています。

つまり、ドコモなどでいうところの、タブレットで利用するデータ通信専用、音声通話ができないSIMカードと同じですね。

この、データ通信専用SIMをベースとして、SMS(ショートメッセージサービス)付きのSIM、そして音声通話付きのSIM、といった具合にグレードアップしていくことができるのです。

 

ここではわかりやすく、MVNOシェアNo.1のOCNモバイルONEを例としてみます。

 

データ専用SIM SMS付きSIM 音声通話付きSIM
月額料金 1100円 1220円  1800円
内訳 月額基本料(1100円)+SIMカード利用料(0円) 月額基本料(1100円)+SIMカード利用料(120円) 月額基本料(1100円)+SIMカード利用料(700円)

 

毎月高速通信で3GBを利用することができる3GB/月コースは、ベースが1100円です。

そのベースの料金に対して、+120円でSMS付きSIMを利用することができます。

さらに、ベースの料金に+700円で音声通話付きSIMが利用できます。音声通話付きSIMはSMS機能も含みます。

結果、データ通信+SMS+音声通話がすべてセットになったオールインワンプランが、音声通話付きSIMというわけです。

 

ここで、大手キャリアを代表してドコモの料金プランを思い出してみましょう。

まず、基本となるのがカケホーダイプランです。

携帯電話の歴史が大きく影響しているのがわかります。あくまで、通話が大前提なのです。

通話に関するプランがあり、そこに付随してくるのがオプションとしてのspモード、そしてパケットパックです。

つまり、大手キャリアの考え方とMVNOにおける格安SIMの考え方は、真逆なのです。

 

格安SIMの場合は、必要最低限をデータ通信のみとし、通話もSMSも必要ないというユーザーに対しては、大手キャリアでは到底考えられないほどの格安プランを実現しています。

そしてこれこそが、格安SIM最大の魅力なのです。

通話よりも通信重視、ここ、大事です。格安SIMを理解するための基本となる部分と言っていいでしょう。

 

データ通信SIM
・通話を必要としない人
・通話用携帯を別に持っていてサブでスマホを使いたい人
・通話はLINEなどのアプリで代用、インターネットができればいい
SMS付きデータ専用SIM
・SMSは利用するが通話は必要ない人
・SMSを利用してSNS(LINE、Twitter、Facebookなど)への登録をしたい人
音声通話付きSIM
・音声通話が必要
・電話番号をそのまま他社から持ってきて利用したい人
・電話は必要だがそれほど多くはかけない

 

格安SIMではこんなことができる

格安SIMを利用する場合、通常の大手キャリアのSIMカードを利用するのとほとんど変わらない内容でスマートフォンやiPhoneを利用することができます。

そのため、普段利用している時には、ほとんど「格安SIMを利用している」という感覚はないかもしれません。

まったく同じような感覚でスマホでインターネットの利用が可能です。

格安SIMはそもそも、ドコモやauなど、大手キャリアの通信網を利用しているため、エリアや使い勝手はまったく変わらないんですね。

「格安SIMなんて難しそう!」と感じている人は、まずこの点を理解しておくと安心できるのではないでしょうか。

 

格安SIMでは、今までできたことはほとんどそのまま利用できる

 

ただし、さすがに今までのドコモやauと、何もかもがまったく同じ、というわけではありません。

格安SIMには、大手キャリアのSIMと比較した場合の弱点が、わずかながら存在します。

 

格安SIMには弱点もある

格安SIMを利用するにあたっての注意点、格安SIMの弱点については、もう世間ではずいぶん広がってきているような気もしますが、やはり何をとってもまずは通話です。

そして次に、サポート体制です。

細かく考えていくと他にも注意点はありますが、まず大きな枠で考えたときにどうしても「弱点」といえるのはこの2点です。

 

格安SIMの通話

昔から格安SIM利用の場合の条件として、「通話が少ないユーザー」が条件として挙げられてきました。

これは、大手キャリアと比較した場合の通話品質が低いことや、通話料金が高いことなどが原因でした。

しかも昨今、ドコモが先頭を切って開始した完全通話定額制プラン(カケホーダイプラン、カケホなど)や高品質通話VoLTEが開始されたことに伴い、格安SIMとの通話機能としての格差はかなり広がってしまいました。

 

ただ、2017年の格安SIMは一味違います。

通信部分で大手キャリアに対する優位性は、すでに確保しています。変わらない通信網で格安の料金を実現し、サービス提供は滞りなく行われています。

それに加えて、「時間制限付きかけ放題プラン」が徐々に一部MVNOを中心に開始されているのです。これにより、格安SIMでもある程度のかけ放題が利用できるようになりつつあります。

ある程度の、というのは、例えば「5分かけ放題」や「10分かけ放題」という意味です。1通話あたりの通話時間が5分以内、もしくは10分以内であれば通話料無料ですよ、ということですね。

さらに、OCNモバイルONEを提供しているNTTコミュニケーションズは、自社で提供している「OCNでんわ」をサービス卸すると発表しています。

これを受けてすぐに、NifMoが反応しました。NTTコミュニケーションズをサービス卸を利用して「OCNでんわ」と同等サービスである「10分かけ放題」を開始すると発表するに至ったのです。

2017年3月1日からは、ドコモ系・au系両方の格安SIMを取り扱うマルチキャリアMVNOのmineoも、遅ればせながら「mineoでんわ・5分かけ放題サービス」を提供するとしています。

今まで電話を多く利用するユーザーは格安SIMは利用しない方がいい、と言われ続けていた状況が、変わりつつあります。

ただ現状、まだどうしても大手キャリアと比べれば通話において格安SIMが劣っているのは事実なので、この点については弱点として認識しておいて間違いはないでしょう。

 

格安SIM最大の弱点・サポート体制

確実に大手キャリアよりも料金を安く抑えることができるとわかっているのにも関わらず、多くの人が一歩を踏み出せないでいる理由としては、この点が大きく影響しています。

格安SIMにおいてどうしても弱い点として挙げられるのは、サポート体制です。

この点についてはしかし、相対的に、と考えるべきかもしれません。

つまり、ドコモ、au、ソフトバンクと比較した場合に、サポートがどうしても弱い、ということです。

 

どうしても、やむを得ない部分もあります。何故なら、ドコモはじめ、大手キャリアはサポート体制があまりにも万全なのです。

街を歩いていて、ドコモショップ、auショップ、ソフトバンクショップを見かけないことはないと思います。

日本中どんな街にでもほぼ、携帯ショップは存在しています。最大手キャリアであるNTTドコモのドコモショップに関しては、日本中で約2500店舗ほど存在するということです。

つまり、何か困ったこと、わからないことがあった場合などは、とにかく真っ先に「ドコモショップに行こう」で解決するのです。

しかし格安SIMは違います。

最近は格安SIMを拡販している家電量販店などで対応してくれるケースも若干ありますが、圧倒的にその数は少なく、基本的には誰にも頼ることができないと考えておいた方がいいでしょう。

 

格安SIMは新しい未来への扉

難しい、わからない、面倒。

そう考えると、どうしても格安SIMへの変更意欲はそがれてしまい、結局そのままドコモを使い続ける、という人がまだまだ圧倒的多数です。

 

しかし、時代は変わりつつあります。

利用者側がほんの少し、意識を高く持つだけで、毎月の料金を劇的に安くすることができ、家計を助けることができます。

もはや、大手キャリアに高額料金を支払い続けるのは馬鹿馬鹿しいと考えるべきです。

今からの時代は、知識さえあれば非常にうまく世の中を渡っていけるように変わりつつあるのです。

チャンスは今すぐそこに転がっています。これを放置してしまうと、結局何も変わりません。

少なくとも当サイトを訪れていただけているということは、少なからず格安スマホ及び格安SIMに関心を持たれているのだと思います。

そして、そこがまず、第一歩です。そこからさらに一歩を進め、未来への扉を開けるお手伝いができるように、当サイトでは格安SIMおよび格安スマホについて、今後ますますわかりやすくまとめていこうと思います。

-格安SIM

Copyright© 格安スマホ紀行 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.