格安スマホと格安SIMの紀行文的読み物

格安スマホ紀行

格安スマホ検討中

格安スマホとは何か

更新日:

「格安スマホ」という言葉も、もうすでに普及しすぎていて誰でも当たり前に話している感じかもしれませんが、実際のところどういうものを指して格安スマホというのか、理解できているでしょうか。

なんとなく、「とっても安いスマートフォン」とだけは理解できていても、詳細を説明できる人は案外少ないのではないかと思います。

そこで、改めて格安スマホとは何なのか、わかりやすく理解していきたいと思います。

格安スマホの定義

世間一般で「格安スマホ」と呼ばれているサービスは、かなり広い意味を持っています。

その中でも代表的な意味合いが二つ、存在します。

一つは、ドコモやau、ソフトバンクなどの大手キャリアに対する概念としての「格安で利用できるMVNOサービス全般」を指すケース。

もう一つは、単純に格安のスマートフォンそのものを指すケースですね。

 

世間で話題になっている「格安スマホ」は、前者のケースです。

格安で利用できる格安SIM、それを取り扱うMVNO事業者、そして同時に販売されているSIMフリーのスマートフォン。これらを総称して「格安スマホ」とまとめてしまっているわけです。

もちろん個別に「格安SIM」と表現したり「MVNO」とする場合もあります。ケースバイケース、使い方次第ですが、似たような意味合いと考えておいていいでしょう。

 

例えば、格安SIMを利用しながらSIMフリースマホは購入せずにドコモのスマートフォンをそのまま利用する、というケースもあるわけです。

この場合厳密にいうなら、ドコモのスマートフォンをそのまま使っていて「格安スマホ」は利用していないのですが、「格安SIMで利用するスマホ」という時点で「格安スマホ」として表現されるケースもあるわけです。少しわかりにくいですが、「格安スマホ」という言葉はかなり広い意味で利用されている、と覚えておけばいいでしょう。

 

格安スマホだけど格安じゃない?

同じような意味合いで、格安スマホと呼ばれてはいるものの、実際のところ別に特別安くはないスマートフォンがMVNOで取り扱いされているケースもあるわけです。

大手キャリアとそれほど変わらない価格で販売されているのであれば、それは格安スマホとは呼べるものではないかもしれませんが、格安SIMを入れて利用しているので広い意味での「格安スマホ」と呼ばれているわけですね。

そういう意味で、格安スマホと呼ばれるスマートフォンの中にも、格安ではないものも存在しているということは覚えておいた方がいいでしょう。

格安スマホだからすごく安いスマートフォンと思っていたら5万も6万もした、というケースは十分あり得ます。

逆に言えば、格安SIMを入れながらにして、スペックを抑えた格安のスマートフォンではない、ハイスペックのスマートフォンを選択するという方法もあるわけです。

「格安スマホ」には、幅広い選択肢が与えられているのです。

 

大手キャリアにも格安スマホはある?

では逆に、ドコモ・au・ソフトバンクなどの大手キャリアには、「格安スマホ」は存在しているのでしょうか。

この場合の「格安スマホ」の定義は、「格安のスマートフォン」の方です。

 

もし、ドコモで「格安スマホをください」とお願いしたとしたら、当然MVNOのSIMカードやSIMフリースマートフォンが出てくることはありませんが、本当に格安のスマートフォン、例えばMONO MO-01Jなどが案内される可能性はあります。

ドコモの契約をベースとするものの、その代わりに端末代金はMVNOでも考えられないくらいに安く設定されていたりします。

かつてはこの手法で「0円端末」という本体代金0円で入手できるようなスマートフォンもありましたが、現在では総務省によってそうした行き過ぎた安売りが規制されてしまったので、0円は完全にみられなくなりました。

ただ、元々の価格が非常に安いMONOなどのスマートフォンは格安料金を設定できるため、ドコモの中での「格安のスマホ」となっているというわけです。

この場合、端末代金だけ見ると確かに非常に安いのですが、ドコモの契約を当然のことながら利用していかなければならないため、トータルコストではどうしても格安スマホ+格安SIMを利用した場合よりも高くはなかってしまいます。

 

「格安スマホ」のスマートフォン

格安スマホと呼ばれる、大手キャリアによってSIMロックがかけられていないSIMフリースマートフォンには、どういうスマートフォンがあるのでしょうか。

最近は海外から入ってきた、非常に安価でありながら性能も高いスマートフォンも多く、大手キャリアから販売している日本メーカーのスマートフォンはあまり見られないという特徴があります。

例えば台湾のASUS、中国のHUAWEI、ZTEなど、アジア系のスマートフォンが格安スマホ市場では主役になってきます。

もちろん海外製には抵抗があるというユーザーには、富士通のarrowsやSHARPのAQUOSなどもありますし、SONYのXperiaも、一部ではありますが日本でSIMフリー機種を販売しています。

また、日本メーカーのブランドということであれば、FREETELのスマートフォンも人気です。格安スマホでありながら使いやすく人気もあります。

FREETELのスマートフォンの中には、格安とは呼びにくいような高めの機種もラインナップされています。

 

格安スマホまとめ

格安スマホを正しく理解するためには、格安スマホの機種はもちろん、中に入れる格安SIMのことをしっかり理解する必要があります。

そして格安SIMのことを理解するためには、SIMカードについてどういうものなのか理解しておきたいところです。

そうして順番を追って学んでいくうちに、いつの間にか格安スマホがどういうものなのかわかってくるのではないかと思います。

不安があるのは知識がないからで、ある程度おおまかでいいので概要をつかんでしまえば、ずいぶんと抵抗も薄らぎ、参入しやすくなるのではないかと思います。

実際に大手キャリアから格安スマホに替えてしまうことができれば、利用状況にもよりますが、コスト的な問題はかなり改善されることはほぼ間違いありません。

「格安」の世界へ、早めに飛び込めるように少しずつでも検討してみましょう。

-格安スマホ検討中

Copyright© 格安スマホ紀行 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.