格安スマホと格安SIMの紀行文的読み物

格安スマホ紀行

格安スマホ検討中

「ケータイ乞食の頃の方が儲かった」という昔話は、格安スマホによって真実ではなくなった

更新日:

今でこそ、「格安スマホ」「格安SIM」なんて言葉が当たり前のように使われるようになりましたが、それこそ数年前までは、まだまだそんなもの誰も知らない、スマホといえば当たり前にドコモ・au・ソフトバンクという時代でした。

私は元々ドコモユーザーでしたが、途中一度auへと寄り道し、さらにドコモに戻ってきた経歴を持ちます。

そして例のキャッシュバック全盛期には、それこそ色々狙ってやってきました。知る人ぞ知る「あれ」です(笑)。

キャッシュバックは本当にお得だった?

 

その世界には「ケータイ乞食」なる言葉があり、さすがに私はそこまでのプロとして動いていたわけではなかったものの(当時、当然仕事をしていましたしね)、自分の回線を数契約利用して、あっちに行ったりこっちに来たりして小金をせしめる、というセコイことをしていた時期がありました。

それでも、そんな時でも感じていたのはやはり、「毎月の利用料金が高いなぁ」ということでした。

誰しもが思うことですね。

たぶん、昔のらくらくホンとかを利用してメールすら使わないし電話も待ち受けのみ、という高齢者の方以外、ドコモ含む大手キャリアで利用して5000円以内に抑える、というのはなかなか骨が折れるというか、ほぼ無理だと思います(涙)。

だから、というわけでもありませんが、少しでもケータイ/スマホの世界で費用を取り戻すことができれば、とキャッシュバック戦争に参戦していたわけです。

 

「あの頃は儲かった」は本当?

そういうことを考えたり話したりしていると、「あの頃は儲かっていた、今はもう儲からなくなった」という話がよく出てきます。

ただ、ここは少し立ち止まっていただきたいところです。

 

本当に儲かっていましたか? 今は儲からなくなったというのは本当ですか?

 

一時的な収入が発生する、という意味では確かにその通り、高額キャッシュバックがあった昔は儲かりました。

そして今はもう、まったく儲からなくなりました。

ご存じ総務省の動きによるものです。

 

ですが、私はこれは実は、間違いだと思っています。

よほど組織的に動いてきた「乞食のプロ」以外の人は、その当時キャッシュバックでいくら潤っていたとしても、実は今よりも年間の支払い額は多かったと考えています。

 

考えてみればすぐにわかります。

例えば、ドコモのスマートフォンを普通に利用した場合、月額8000円程度は少なくともかかるでしょう。

年間にすると96000円です。仮にキャッシュバックを40000円もらっていたとしても、合計56000円かかっている計算ですね。

では今、ドコモを脱出して格安スマホと格安SIMで毎月利用した場合、使い方によっては3000円程度で収まります。

少し高めに見積もって月4000円にしても年間48000円です。

しかも、ドコモで利用する場合には、二年目にはキャッシュバックがもらえないので、丸々96000円がかかるわけです。

二年間の合計で計算すれば、ドコモが15万2千円、格安スマホが9万6千円。

キャッシュバック4万円を入れて計算しても、その差は明らかです。

この結果から、「あの頃は儲かった」ではなく、「あの頃は儲かった気がしていた」ということが真実だとわかると思います。

 

その条件を満たすためには格安スマホの利用が必須です

とはいえ、実際に上記のように、今の方が圧倒的にお得だ!と言い切れるようになるためには、条件があるわけです。

当然お気づきでしょうが、それが、格安スマホ/格安SIMの利用です。

大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)からの脱出です。

これが実現できなければ、結局「キャッシュバックの頃はよかった」から一歩も前に進めません。

それに気づいた私は、格安スマホ/格安SIMの利用について色々と内容を調べ、検証した結果、乗り換えるに至ったのです。

 

そんな、MNO(大手キャリア)からMVNO(格安SIM事業者)への乗り換えについて、当サイトではつらつらと書いていこうと思います。

 

-格安スマホ検討中

Copyright© 格安スマホ紀行 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.