格安スマホと格安SIMの紀行文的読み物

格安スマホ紀行

MVNO

MVNOって何なのさ/わかりやすくMVNOを理解する

投稿日:

格安スマホ」と比べて劇的に認知度が低い「MVNO」。結局MVNOって何なの?という人は非常に多いはずです。

わかったつもりだったけど、結局また忘れちゃったよ、という声もまたよく聞きます。

それくらい印象に残りにくいワードである、ということをまずは理解した上で、もう一度、わかりやすくMVNOを理解してみたいと思います。

 

MNOとMVNO

まず、これもあまり知られていませんが、大手キャリアと呼ばれる三社(ドコモ・au・ソフトバンク)のことを、MNOと呼びます。

それに対して、格安スマホ/格安SIMを提供する事業者のことを、MVNOと呼びます。以下の表のような関係です。

 

MNO MVNO
ドコモ OCNモバイルONE
IIJmio
楽天モバイル
nuroモバイル
LINEモバイル
BIGLOBE LTE
mineo
au UQモバイル
mineo
ソフトバンク ワイモバイル

 

そもそも通信回線をユーザー向けにサービス提供しようと思ったら、想像を絶する金額の設備投資が必要となり、大手キャリアであるMNOと同じように日本全国に基地局を作っていかなければならなくなります。現実問題として、今からそんな成功するかもわからないビジネスモデルに従って設備投資する企業は存在しません。

しかしそうなると、通信業界は既にインフラを所有しているドコモ・au・ソフトバンクのそれこそ寡占状態となり、競争が存在しない形になってしまうわけです。

これでは業界が活性化していかないということで、大手キャリアは、求められた場合自社回線を他事業者に貸し出すことを義務付けられているのです。

そうして生まれたのが、MVNOです。

つまりMVNOは、MNOが所有する回線網を借りて、ユーザー向けにサービスを提供する事業者なのです。もともとの通信設備は一切持ちません。

これをもって、どこの会社から通信回線を借り受けているかによって、「ドコモ系のMVNO」、「au系のMVNO」などというわけです。

 

上記表を見ていただければわかる通り、多くのMVNO事業者は、ドコモから通信回線を借りています。

実際のところ現在MVNO事業者はそれこそ数えきれないほどの数存在していますが、そのほとんどがドコモ系です。

これは、回線を借りる際の費用だったり通信エリアの問題だったりが原因としてあるようです。

そのほか、MNOとMVNOの間には、通常表には見えてこないMVNEという存在があります。ただ、ここに触れるとより話が難しくなってくるので、ここでは触れずにおきます。

 

ドコモ・au・ソフトバンク/どの回線を借りているMVNOを選ぶべき?

では、ドコモ系・au系・ソフトバンク系と、どの回線を借りているMVNOを選択するべきなのでしょうか。

これはなかなか難しい問題で、一概にこれとは回答できません。

それこそ、ユーザーの環境によるためです。

 

まず通信エリアの問題があります。

MVNOの通信エリアは、それぞれ回線を借りている大手キャリアの通信網をそのまま利用します。つまり、ドコモ系MVNOの通信エリアはドコモのエリアと全く同じ、au系MVNOの通信エリアはauと全く同じです。

そのため、auの電波が元々入りにくい、というエリアにもし住んでいるのであれば、これはau系MVNOという選択肢はなくなります。

 

次に、現在所有しているスマートフォン端末の問題があります。

もし、あえて格安スマホを新しく購入せずに、今所有しているスマホ端末をそのままMVNOの格安SIMで利用したいと考えている場合、所有しているスマホがドコモのスマホであれば、ドコモ系MVNOを選択すると、SIMロック解除を実施する必要がありません。

同じように、所有しているスマホがauのスマホなら、au系MVNOを選べばSIMロック解除の必要なくそのまま利用が可能です。

逆にいえば、SIMロック解除さえ実施すればドコモのスマホにau系MVNOを利用する、ということもできなくはないのですが、結局端末側でauのSIM利用を想定されていないために使えなかったりということが十分起こり得るため、そうした選択はおすすめしません。

ドコモのスマホにはドコモ系MVNO、auスマホにはau系MVNOを選びましょう。

 

ちなみに、上記表を見ていただくと、ドコモとauの両方の枠に、同じ「mineo(マイネオ)」が存在していることがわかると思います。

これは、mineoが珍しいマルチキャリアMVNOであるためです。つまり、ドコモ系SIMもau系SIMも、両方を提供しているのです。利用者はどちらでも自由に選択して契約することができるため、自分の住んでいるエリアや所有端末によって、ドコモ系かau系のSIMを利用するかを、同じmineo内で選択することが可能となっています。

非常に勢いのあるMVNOなので、当サイトでもおすすめしています。

 

ソフトバンクとワイモバイルの関係性

大手キャリアの中で唯一ソフトバンクだけが、MVNOにほとんど回線を貸出しておらず、ソフトバンク回線を利用してMVNO事業を展開する会社はほとんど存在しません。

ワイモバイルだけが、ソフトバンクのMVNOと言える存在ではあるものの、ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドという位置づけなので、厳密な意味でのMVNOとは少し意味が異なります。

SIMロックに関しても同様で、ソフトバンクのSIMをワイモバイルの端末で利用しようとした場合、逆にワイモバイルのSIMをソフトバンクで利用しようとした場合も、SIMロック解除が必要です。

この二社の関係性だけが、他のMNOとMVNOとの関係性とは異なると覚えておくといいでしょう。

 

こうした背景があることと、料金体系などから、通常「格安スマホ」という場合、ワイモバイルはその中に含まれないことも多いです。

 

以上の内容で、ある程度MVNOの概要が理解できたでしょうか。

すでに数えきれないほどのMVNO事業者が存在する中で、その中から利用したい1社を選び抜くのは非常に難しいと思います。

特に、あまりにも知名度の低いMVNOを利用した場合、かつてインターネットサービスプロバイダー(ISP)が縮小・吸収・合併の道を突き進んだのと同じ流れになり、最悪サービス自体がなくなってしまう可能性もあります。

そう考えると、MVNO選択の際は、できる限り先々の将来まで見据えた選択をしていきたいところです。

 

-MVNO

Copyright© 格安スマホ紀行 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.