格安スマホと格安SIMの紀行文的読み物

格安スマホ紀行

格安スマホ検討中

誰も知らない「MVNO(エムブイエヌオー)」の悲哀/みなさん覚えてください

更新日:

格安スマホ」のことを、他に表現するとしたらどういう言葉が適当でしょうか。

「格安スマホ」に代わる表現方法としては「格安SIM」が候補かなぁと思うのですが、「格安SIM」の場合はどちらかというと「SIM」そのものを指してしまうので、やはりSIMを包み込んでしまう「格安スマホ」のパワーには勝てません。

しかし実は、もう一つ「格安スマホ」の正式名称たる言葉があるのです。

皆様、ご存知でしょうか。

M・V・N・O/エム・ブイ・エヌ・オー

 

それが「MVNO(エムブイエヌオー)」です。まぁ、これがまた知られていないのです。

2017年時点での認知度としては「なんとなく聞いたことあるかも?」くらいでしょうか。

ちょっと詳しく解説しておくと、「Mobile Virtual Network Operator」の略称で、日本語訳すると、仮想移動体通信事業者となります。もう何のことやらです。

 

エムブイエヌオーなんてそもそも言いにくいやら読みにくいやら覚えにくいやら、しかもわかりにくいやらで、普及するには大きすぎるハードルがいくつも目の前に転がっていて、結局普及しないままにここまでやってきました。

私も含めたガジェットを餌に生きている方々は、まぁ当然のようにこのワードを認識しているわけですが、私の家族のようなケータイにもスマホにもパソコンにも家電全般一切興味を持っていない一般の方は、「エムエムエムオー?」で終了です。

そんな方には私は、こう説明します。

「あ、格安スマホのことです」。

これですっきり解決します。

簡単ですね。どんな時でも初心者の方には、わかりやすい言葉を使うのが一番です。

 

それでも覚えていただきたい「MVNO」という言葉

しかしです。

正直な話、「格安スマホ」ではどうしても意味が通じないケースがあるわけです。

当サイトも便宜上、サイト名を「格安スマホ紀行」としていますが、実のところ、「格安スマホっつーか、ホントはスマホ本体よりMVNOのことを書きたいんだよなぁ」という心の声があったわけです。葛藤があったのです。

しかしそれを私は完全に黙殺し、認知度に迎合した結果、「格安スマホ紀行」を選ばせていただきました(笑)

 

だからこそ、将来的に、当サイトがいつの日か、胸を張って「MVNO紀行」とタイトル変更できるように、多くの方にMVNOという言葉を認識していただきたいのです。

 

というかむしろMVNOに代わる「新語よろしく」という心の声も

とはいえ、何度もいうようにMVNOが覚えにくいのはもはや周知の事実です。

ここはいっそのこと、改めてマスコミの皆様に主導していただき、MVNOに代わる新語を作っていただけないかと考えている次第です。

覚えやすくてキャッチーで、すぐに「ああ、あれね」とMVNOのイメージとつながるような、そんな言葉。

 

なかなか難しいのは承知の上で、心の奥底で期待しております。

-格安スマホ検討中

Copyright© 格安スマホ紀行 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.