格安スマホと格安SIMの紀行文的読み物

格安スマホ紀行

格安SIM

SIMカードって何なのさ/わかりやすくSIMカードについて解説します

投稿日:

格安スマホ」という言葉と一緒に普及してきた単語の一つに、「格安SIM」があります。

時に格安スマホと同じような意味合いで利用されることもありますが、厳密にいうと少し違った意味を持ちます。

格安SIMという言葉を正しく理解するためには、まず「SIMカード」について理解する必要があります。

聞いたことがない方も、聞いたことはあるし使ったこともあるけれど正確な意味はわからないなぁという方も、ここで一旦SIMカードについて再確認しておきましょう。

 

SIMカードの正体と別名

 

SIMカードが何なのかを理解するために、「SIM」のアルファベットの意味を確認しておこうと思います。

SIM=(Subscriber Identity Module)です。

「Subscriber」は「加入者」です。「Identity」は「自己同一性」「一致」「身元」などの意味があります。「Module」はここでは「構成の中の基本単位」「構成要素」といったところでしょうか。

つまり「利用者を特定するための構成要素」といったところですが、これではさすがに理解しにくいので、ウィキペディアから表現を借りてきます。

「加入者を特定するためのID番号が記録されたICカード」とあります。こっちの方がはるかにわかりやすいですね(笑)。

 

ちなみにこのSIMカードの一種として、UIMカードと呼ばれるカードがありますが、ドコモでは基本的にUIMカードという呼び名が採用されています。

ただし、UIMカードも広い意味でのSIMカードなので、SIMカードと呼んでも差し支えありません。ショップ店員などドコモ関係者にもそれで通じます。

 

さらに時代をさかのぼると、ドコモではSIMカードのことを「FOMAカード」と呼んでいた時代がありました。現在もFOMAカードは存在するわけですが、SIMカードという呼び方の方が一般的になってきたので、FOMAカードと呼ぶ機会は激減しています。

同様にauでは、「au ICカード」という名称も存在しますが、これもひとくくりにしてSIMカードとした方が多くの人には伝わりやすいと思われます。

 

SIMカードのサイズは「3種類」存在しています

現在日本の携帯電話・スマートフォン・iPhoneで利用されているSIMカードには、3つのサイズが存在します。

従来型の携帯電話で使われていたのが標準サイズ。

少し前のAndroidスマートフォンで主に利用されているのが、micro SIMサイズ。

最新のAndroidスマートフォンやiPhoneで利用されているのが、nano SIMサイズです。

 

 

上記写真を見ていただければ明らかですが、新しくなるにつれて小型化しています。一番右が新しいnano SIM、真ん中がmicro SIM、右が標準SIMです。

このSIMカードのサイズに関して何が重要なのかというと、そもそも物理的に携帯電話やスマートフォンに装着できるかどうか、という問題です。

当然のことながら、nano SIM対応のスマホやiPhoneに、標準SIMやmicro SIMを入れようとしても大きさが合わないので入りません。

利用する端末と、このSIMカードの大きさは、必ず合わせないといけないのです。

これは基本中の基本ですが、実はこの点に注意するのを忘れてしまったことで、大きさを間違って注文してしまい利用できないというようなトラブルは非常に起こりやすいため、要注意です。

 

ドコモのUIMカードは「micro」を「mini」と呼ぶので要注意

種類が多くて混乱を招くようですが、ここも重要なので押さえておきたいと思います。

ドコモで利用されているSIMカード(UIMカード)は、上記の3種類の大きさを持つのですが、一般的な呼び方と少し異なります。

「標準」と「nano」は特に変わらないのですが、真ん中の「micro SIM」だけが「mini UIM」と呼ばれたりします。SIMとUIMは同じ意味として受け取って問題ありませんが、「micro」と「mini」では、咄嗟に大きさが違うのではないか?と思ってしまうはずです。

ただこれは、呼び方の違いというだけで、ドコモでいうところの「mini SIM」「mini UIM」は、一般的に流通している「micro SIM」とサイズは同一なのでまったく問題ありません。

逆に言えば、例えばドコモショップの店員さんにmicro SIMサイズにしてほしい、とSIMカードサイズ変更をお願いしたとしても、伝わらない可能性があります。「micro SIM」サイズにしたい場合には、「mini SIM」にしてください、と言う方がより確実で親切です。

 

SIMカードの役割/SIMカードがないと通話も通信もできません

ではSIMカードの本来の役割とはどういうものなのでしょうか。

基本的に携帯電話やスマートフォンは、SIMカードが入っていないと一切通話も通信もできません。

 

ただ通信に関しては、ご存知の方も多いでしょうがWi-Fi環境においてWi-Fi対応のスマホやiPhoneであればSIMカードが入っていなくても通信をすることは可能です。

 

ただし、SIMカードがなければ、通信事業者の回線網を通しての通信は一切できないのです。

つまりドコモであれば、SIMカードが入っていなければ3G/LTE/4Gなどの表記は一切出てきませんし、電波マークも立ちません。

 

SIMカードあり SIMカードなし
3G/4G/LTE通信 可能 不可
Wi-Fi通信 可能 可能
通話 可能 不可

 

表にするとわかりやすいですね。SIMカードがなければWi-Fi環境以外では何もできないのです。

 

SIMカード概要まとめ

ここまでのSIMカードについての内容をまとめていきます。

 

・SIMカードには呼び方が複数存在している。

・SIMカードにはサイズが3種類存在している。「標準」「micro」「nano」。

・「micro SIM」はドコモでは「mini UIM」と呼ばれている

・SIMカードがないとWi-Fi以外の通信通話が一切できない

 

この他SIMカードに関しては、そもそもSIMカードを差し替えればどんな端末でも利用できるのか、とか、SIMロックとは何なのか、SIMロックを解除するとどうなるのか、そして核心となる「格安SIMとは何か」など、疑問も多数存在すると思います。それらについてはまた別記事にて解説していこうと思います。

 

-格安SIM

Copyright© 格安スマホ紀行 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.