格安スマホと格安SIMの紀行文的読み物

格安スマホ紀行

格安SIM

「SIMロック」はキャリアからの約束の強制/「SIMフリー」はキャリアからの解放

更新日:

世の中格安スマホが話題になり始めて、さかんに叫ばれ始めたのが「SIMロック」という言葉。

「このスマホにはSIMロックかかってるから」、「SIMロック外さないと」、「元々SIMフリーだし」、などなど、SIMロックの意味がわからないともはやこれらの会話には一切ついていけません。

SIMロックとは、そしてそのSIMロックの解除とは、解除をすると何が起こるのか、解説していきます。

SIMロックの概要とは

SIMロックとSIMロック解除について理解していくためには、最低限「SIMカード」について意味を知っておく必要があります。

まずそこからわからない、という人は、こちらの記事から確認をお願いします。

関連記事:「SIMカードって何なのさ

 

さて、上記記事の内容まで確認いただいている方は、ケータイ/スマートフォンやiPhoneには、SIMカードを入れないと電話やWi-Fi以外の通信ができないということは理解されていると思います。

そのため、スマホなど端末内にSIMカードを挿入して通話通信ができるようにするのですが、この際に、特定の通信事業者のSIMカードでなければ通話通信ができないように、鍵(ロック)がかけられている状態のことを、「SIMロックがかけられている」といいます。

そして、日本のケータイスマホ事業者である「ドコモ」、「au」、「ソフトバンク」、そして「ワイモバイル」まで含めた4キャリアはすべて、販売している携帯端末にSIMロックをかけた状態で販売しているのです

つまり、所有しているスマートフォンがドコモ製のスマートフォンであれば、ドコモのSIMカードを入れたときにしか通信通話ができないようになっており、auやソフトバンクのSIMを入れても通話や通信は一切できません。

 

そもそもなぜ、このようなロックがかけられているのかというと、大手キャリアは高額なスマホ端末を、それこそ確実に赤字になるような金額で販売したりするわけです。

本来は10万近くするようなスマホやiPhoneが、二年間使えば実質1万、という具合ですね。

なぜそれほどまでに赤字で販売ができるのかというと、端末にSIMロックをかけることによって、その購入した端末を使い続ける間に関しては、自社契約を続けてもらうことができる、という予測がキャリア側に立つわけです。

そうすれば、端末を仮にかなりの赤字で販売しても、長期的には自社回線を利用する際の利用料金から回収できる、ということですね。

つまりはSIMロックの名のもとに、私たちは「この端末は御社でしか使いません」というキャリアとの強制的な約束を結ばされていたわけです。

SIMロックの概要とはつまり、こんなところです。

 

鍵のかけられた部屋から解放されたい

誰しも、鍵をかけられると抜け出したい、解放されたいと思うわけですね。SIMロックというカギを開けてしまいたい。

鍵からの解放といえば、ちなみにiPhoneには「脱獄」なんて言葉もありますが、これはまた別の話。

SIMロックとは直接的には関係ありません(間接的には関係ありますが)。また別の機会に触れようと思います。

 

話を戻してSIMロック、この鍵は長いこと、基本的に開ける方法を持たない鍵でした。そのため、開くことのない閉じられた世界で生活していくしかなかったのです。

どうしてもそれが我慢できない場合には、その鍵をかけられた部屋で生を終え、別の部屋で生まれ変わるしかなかったのです。当然その別の部屋にも鍵がかかっています。鍵が開けられないので、そうすることでしか、部屋の行き来はできなかったのです。

 

しかしここで、総務省からの助け舟が出ました。

 

「SIMロックを解除しなさい」

 

そんな、天の声です。

ちなみに私は総務省を「天」だなんて少しも思っていません(笑)。あくまでたとえです。

 

ついに閉じられて開くことのなかった鍵は、条件付きではあるものの、開けることができるようになったのです。

 

ドコモは一足先にSIMロック解除を実施していた

ここで注意点が一つ。

実はNTTドコモに限り、結構早い段階の2011年4月以降発売機種から、ケータイ・AndroidスマートフォンのSIMロック解除は実施していたのです。

この事実は、SIMロックやSIMロック解除自体を最近知った人はまずご存知ないと思います。

そのためドコモからしてみれば、「ずいぶんSIMロック解除SIMロック解除って騒いでるけど、うちは前からやってるよ」というくらいの気持ちだったわけです。

何をいまさら、ってことですね。

ただ、そんなドコモにおいてもどうしてもSIMロックを外すことができていなかったのが唯一、iPhoneです。

iPhoneのみは、総務省からの号令によって各キャリアそれぞれに対応を変更した、2015年5月以降発売機種、つまりiPhoneにおいてはiPhone 6s以降が、はじめてSIMロック解除対象機種となったのです。

 

SIMロック解除には条件がある

SIMロック解除に関しては、そうした面倒な変遷があるためか、いまだに解除条件についてはバラつきがあったりと非常にわかりにくくなっています。

早い話がキャリアごとに「このスマホはSIMロック解除できますか?」と聞いた方が確実ですし早いです。

ただし、現在のSIMロック解除手続きに関しては、キャリアショップに出向いて手続きをするよりも、ネット上で手続きした方が手数料がかからなかったりと優遇されているため、基本はインフォメーションセンターなどに問い合わせて手続するか、WEB上で確認しながら手続きを実施するかになります。

ただドコモの場合のみ、以前からSIMロック解除手続きを提供していたということもあり、以前の機種に関しては引き続き来店での解除しかできなくなっているので注意が必要です。

 

SIMロック解除して何をする?

さてここで、とても根本的な話に戻ります。

そもそもSIMロックを解除して、何をしたいのか、ということです。

実はこれが明確でないと、SIMロックをわざわざ解除してもどうにもならないのです。

 

では、SIMロックを解除すると何ができるようになるのか。

もうおわかりですね。他社のSIMカードを入れての利用ができるようになります。

それはつまり、ドコモ製のスマートフォンにソフトバンク製のSIMカードを入れて利用することができるようになる、というようなことです。

ドコモを解約してソフトバンクにしたいけど、ドコモのスマホはそのまま使いたい。こういう要望に対応できるようになるわけです。

 

さらに、海外のSIMカードを使いたい、というケース。海外にしばらく在住することになったので、海外のSIMを使いたい。だけどスマホ端末は今手持ちのドコモスマホを使いたい、ということも可能になります。

 

最後に、格安SIMを使いたい、というケースですが、これに関しては最後に解説します。

 

SIMロックを解除しても、対応周波数帯が合わないと使えない

SIMロックを解除しての利用には、注意点もあります。

それはつまり、SIMロックを解除して利用しようとしても、そもそもスマホ本体の対応周波数が使いたいSIMの周波数帯に合わなければ、結局利用できません。

たとえば、auの周波数帯にしか対応していないスマホのSIMロックを解除し、ドコモのSIMを入れたとしても、結局使えません。

そう考えると、SIMロック解除したあとに、他社SIMを入れての利用に対して各社一切保証をしない、という理由もわかるような気がします。

もちろん、対応周波数帯まできちんと調べてから対応すれば別に問題はないのですが、それすら動作保証はないですし、初心者であればかなり難しい問題となってしまいますので、SIMロック解除による他社SIM利用のハードルが一気に上がってしまう部分でもあります。

ただ、これはやむを得ない部分です。

 

SIMフリーとは何か

SIMロック解除についてもなんとなく理解できたのではないかと思います。

ではここで、SIMフリーとは一体何なのかを確認しておきます。

簡単ですね。SIMロックがフリーな状態、つまりSIMロックがかかっていない状態のことです。

広義ではSIMロックを解除した端末および元々SIMロックがかかっていない端末のことを指し、狭義では元々SIMロックがかけられていない端末のみをさすこともあります。

SIMフリーのスマートフォンは、ドコモ・au・ソフトバンクなどの大手キャリアからは一切発売されておらず、いわゆる「格安スマホ」として大手キャリア以外から発売されている機種は逆に、すべてSIMフリーです。

わかりやすい考え方として、「大手キャリア以外から発売された機種=SIMフリー」としても成り立ちます。

ただこの場合の注意点としては、SIMフリーだからどのSIMを入れても対応するというわけではない、ということです。これは、前項でSIMロック解除した大手キャリア製スマホでも、周波数帯の問題で利用できないSIMがある、という理由とまったく同じです。

例えばFREETELから発売されている「MIYABI」というSIMフリースマホは、ドコモとソフトバンクの周波数帯に対応しているものの、auの周波数帯には対応していません。

このことから、SIMフリーとはいえ、SIMカードとの組み合わせを考え、対応しているかどうかを事前に確認しておく必要があります。

 

格安SIMを利用するためのSIMロック解除とSIMフリー

最後に、格安SIMに関してです。

SIMロック解除と、格安SIMは、実は大きな関係があるようで、そこまで関係がないケースも多いのです。

よくある勘違いとして、たとえばドコモのスマートフォンにはSIMロックがかかっているので、SIMロック解除を実施しなければ格安SIMは使えない、という認識があります。

格安SIMを提供するMVNOは、現時点でそのほとんどがドコモの回線を借りてサービス提供しているMVNOであるという点を、ここで思い出す必要があります。

つまり、ドコモのスマホ/iPhoneを利用している場合、仮に格安SIMを利用するとしても、その格安SIMがドコモ系MVNOのSIMであれば、SIMロック解除を実施しなくてもそのまま利用できるのです。

 

これは、auスマホとau系MVNO(mineo・UQモバイル)の関係でもほぼ同じです。ソフトバンクとワイモバイルは少し例外なのでここでは深くは触れません。

 

つまり、ドコモのスマホを利用しているケースにおいて、格安SIMを使いたいがためにSIMロック解除を実施する必要性は、まったくないのです。ドコモ系のMVNOを選択するだけでいいのです。

SIMロック解除と格安SIMがあまりかかわりがないということが、これで分かったかと思います。

 

SIMフリースマホを利用する場合に関しては、元々SIMロックがかかっていないとはいえ、どんなSIMで利用するのかを決めたなら、その格安SIMが所有しているSIMフリースマホで動作確認がとられているかだけは確認しておきたいところです。

 

-格安SIM

Copyright© 格安スマホ紀行 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.