駐車場探し

新築物件の駐車場比較! ガレージとカーポートならどちらがお勧め?

新築戸建てを購入する際、同時に必ず検討する必要があるのが駐車場についてです。

戸建物件では1台ないし2台程度は駐車できるスペースを確保するケースが多いですが、駐車場を広くすれば当然その分、1階部分の床面積が減ってしまうため、生活習慣や家族構成、考え方によって駐車場のスタイルは大きく変わってきます。

家の設計段階からガレージを含めて検討するべきか、それとももう少し簡易的な屋根付きのカーポートにするか、屋根すらいらず駐車スペースが最低限確保できればいいのか、駐車場自体必要ないと考えるのか。

それぞれのメリットデメリットについて解説していきます。

 

車を確実安全に保護するならガレージがお勧め

特に高級車所有の方に多いと思いますが、車種を問わず自家用車がとにかく大事で大切に扱いたい、という方の場合、やはりお勧めはガレージです。

自宅に専用のガレージがあれば、日光による熱や紫外線のダメージを受けることがありませんし、雨に濡れ続けることによる錆も考えなくていいですし、風によって物が飛ばされてきて車体を傷つけるようなこともありません。

気候によるリスクをすべて回避することができるという非常に大きなメリットが、ガレージにはあります。

 

さらに、完全に閉じられた空間であるため、防犯にも優れ、いたずらなどとも無縁です。人的リスクも低いと言っていいでしょう。

完全に車第一優先で考えた場合には、ガレージ以外で考えることは難しいと言えます。

 

それなら、誰も彼もガレージを作ればいいということになるかというと、そうはなりません。何故なら、ガレージにはあまりに大きなデメリットが二つあるからです。

つまり、「敷地面積」と「費用」です。

ガレージの設置にはそれなりに広いスペースが必要です。自家用車を収納できるスペースはもちろん、人が歩いて乗り降りすることができなければなりません。

 

そして、ガレージ設置のためには高額な費用がかかります。

ガレージは車用の小屋のようなものなので、どういう形で設置するかにもよりますが、車のために人の居住スペースを削って提供するのと同じです。

よほど広大な土地が自宅にあれば話は別ですが、ガレージを作るだけの土地があるのなら、もっと人の居住エリアを拡大して快適に住めるようにしたいという人も少なくないでしょう。

費用についても、木造でも軽く100万円程度は見込んでおいたがいいですし、鉄筋になるともう一台新車が買えるくらいの金額になってきます。

また、ガレージは作り方によって固定資産税がかかりますし、不要になって撤去する際にも大きな金額がかかってしまいます。

維持費、撤去費も含めて、そこまでの費用をかけてまでガレージを作る価値があるのか、よくよく考えましょう。

 

手軽で安価! 選択しやすいカーポート

 

ガレージが車第一優先で考えている人に非常にお勧めであるのに対して、カーポートは安価で最低限のクルマ保護をしたいという人に向いています。

ガレージと比べて非常に安く、10万円前後での設置も可能です。屋根付きなら雨や雪からある程度車を守ってくれますし、乗り降りの際に人が濡れるのを防いでくれもします。

もちろん、横殴りの雨や風には無抵抗なのでガレージのように完璧に来る前を守れるわけではないので、設置した場合のメリットと費用を天秤にかけて検討することになります。

ガレージと違い、撤去も比較的簡単なので、ガレージのように一大決心をする必要はありませんが、効果のほどを考えた場合、本当に必要なのか、なくてもそう変わらないのではないか、という気持ちにどこまで折り合いをつけられるかによります。

気候的なリスクとしては、台風があります。

九州地方のように、毎年のように台風の脅威にさらされやすい地域にお住いの場合は、台風リスクは常に考えておく必要があります。

ガレージであれば何の心配もありませんが、屋根付きカーポートの場合に一番問題になるのは、「屋根が飛ばされてしまわないか/割れないか」ということになります。

万が一台風でカーポートの屋根が飛ばされてしまったなら、自宅のみならず周辺の住居にまで大きなダメージを与えてしまう可能性があります。住居だけならまだしも、最悪人を傷つけてしまっては取り返しがつきません。

設置時には台風時の強度の確認や、割れにくい素材なのか、割れても危険でない素材なのかなど、しっかり確認しておくといいでしょう。

 

日本海側など雪が多い地域にお住いの場合には、カーポートの積雪強度を気にしておきましょう。雪下ろしも必要になるケースが多いでしょうし。そこまでイメージができていると、後々のトラブル防止になります。

 

駐車場貸し出しに向いているのはカーポート

長期的目線で考えた場合、ガレージはよりプライベートスペース的な要素が濃くなることもあり、駐車場シェアリングサービスを利用して将来誰かに時間貸し、月極での貸し出しをするのには不向きです。

一方でカーポートの場合は、外に向かって開かれた空間であるからこそ、より気軽に貸し出しをすることもできます。

その辺りまでを見越した上での選択をしたいところです。