マンション駐車場の注意点

マンション購入時の駐車場チェックポイントをわかりやすく解説

駐車スペースが最低でも2台分程度は用意されていることが多い一戸建てに住んでいると、ついつい忘れてしまうのが、マンションにおける駐車場問題。

マンションでは、すべての戸数×2台分の駐車スペースが必ず用意されているわけではありません。2台分の駐車場が用意されているのが当たり前、と思って確認を怠りマンションを購入すると、取り返しのつかない大変なことになってしまいます。

この記事では、マンション購入時に必ず確認したい、駐車場に関するチェックポイントをまとめて解説します。

 

分譲マンションの駐車場利用には、利用料金が発生する

分譲マンションは賃貸ではなく購入しているのだから、駐車場も当然購入代金に含まれている、と考えると大きな間違いです。

多くの分譲マンションでは、駐車場については駐車場利用料金を支払った上での貸し出しとしており、毎月駐車料代が住宅ローン支払いなどと同じようにかかってきます。

分譲で購入したのに駐車場代は毎月かかるなんて聞いていない! ということにならないように、購入前に必ず確認しておきましょう。

 

利用可能な駐車場の枠数、場所を所有の車種と合わせて検討する

マンションの駐車場は、すべての駐車スペースが同じ条件というわけではありません。それぞれマンションごとに、かなり条件が異なってきます。

まずは、購入を検討している部屋で利用することが出来る駐車場の枠が何台分なのか、場所はどこなのか、所有している自分の車種と合わせて検討しましょう。

夫婦で2台所有しているのに1台分の駐車スペースしかない、という場合には、もう1台をどうするのかをまず、考えなければなりません。近所の月極駐車場に置くのか、1台を手放すのか、最悪、そのマンションは諦めるしかないというケースも起こり得ます。

 

マンションの駐車場は平置きか、機械式か、自走式か

マンションの駐車場の枠数と場所と合わせて、平置き駐車場なのか、機械式駐車場なのか、自走式なのかも確認しておきましょう。

平置きの場合は、一番シンプルで駐車しやすいですが、台数はほとんどの場合で1台分が多いのではないかと思います。もしくは、戸数限定で2台分の平置きスペースがある、というケースもありますが、その枠をうまく獲得できるかどうかは、マンション購入時のルールやタイミング、マンションの営業の方の腕と運次第かもしれません。

ちなみに私がマンションを購入した時には、駐車場2台分が必須条件だったこともあり、担当営業の方がうまく調整してくれたため購入に繋がりました。そういう意味で、分譲マンションにおける駐車場問題は、ケースバイケースではあるものの、マンション販売のための一つの武器として営業マンに使われることもあるのかもしれません。

分譲マンションは決して安い買い物ではありませんから、遠慮なく担当営業に相談するようにしましょう。

 

機械式の場合は、これも様々なタイプがありますので一概には言えないものの、いずれのケースでも入出庫にそれなりに手間がかかります。もし、タワー式の場合、入出庫が他の住人と重なってしまった場合にはかなり混雑しますし時間がかかります。

一つの世帯で上と下を利用できる地上二段式の場合も、どうしても車の入れ替えが必要になることが多くなり、手間はかかります。

いずれの場合も、一度入庫した後に、自動車の中に忘れ物をした、というケースなどはかなり面倒に感じることでしょう。

他には災害時の故障リスクもありますね。状況に合わせて選びたい駐車場と言えます。

 

自走式駐車場はショッピングモールなどでよく利用されていますが、機械式と比べればお手軽と言えます。

ただ、上に行けば行くほど入出庫に時間を要するというデメリットもあり、何を優先するかを考えなければなりません。一般的に、上に行くほど料金は安くなります。

平置きと同じで、隣の車にぶつけられてしまう可能性は否定できませんし、セキュリティ面でも機械式には叶いません。

 

以上の内容をそれぞれ踏まえて、駐車場のタイプを必ず確認しておきましょう。

 

マンションの駐車場は屋根付きか、屋根なしか

特に自家用車を大切に考えている人にとって、駐車場に屋根があるかないかはかなり大きな違いです。

地下や一階部分に駐車場がある場合は、平置きで屋根付きという最高の駐車環境と言えますが、その分当然人気を集めるため駐車料金が高めになったり、入居時に抽選になったりもします。

自走式駐車場も、同じく屋根付きのケースが多いと思われるため、屋根付き駐車場がいい、という方は、それを条件としてマンションを探してみるのもいいでしょう。

とはいえ、高級車を所有している場合などについては、それを踏まえた駐車場を完備している購入マンション、または戸建+ガレージが最強と言えます。

 

なお、昨今各地で多くなっている豪雨による浸水の問題もあり、冠水しやすい地域の場合は地下や一階屋内駐車場にも浸水リスクがあります。高台、またはハザードマップ上で水害のリスクが少ない地域であるのか、忘れずに確認しておきましょう。

 

マンションの駐車場利用料金は月額5,000円から5万円の幅

マンションの駐車場利用代は、マンションや駐車スペース、駐車可能台数によって大きな差があります。安ければ月額5,000円程度の場合もあれば、平置き屋根付き2台分、という最高の条件がそろっているようなケースでは、3万円から5万円くらいの駐車料金がかかることもあります。

共働きでどちらも車通勤という場合にはどうしても2台分のスペースが欲しいでしょうし、逆にほとんど自宅でテレワークの独身、結婚の予定もない、ということなら、逆に駐車場は1台分あれば十分、むしろ駐車場がなくてもいいくらいかもしれません。

個人個人の状況に応じて、必要な駐車場スペースは変わってきますので、将来の利用イメージも含めつつ、長期的視野で無理のない程度に利用できる駐車場があるマンションを選びましょう。

もちろん、マンション購入時に必ず駐車場や料金の話はありますので、心配はいりません。