駐車場探し

空き駐車場で駐車場シェアリングサービスをフル活用! お勧め会社はどこ!?

駐車場を所有している場合、借りている場合、いずれの場合も24時間常に車を駐車場に停めているわけではないと思います。

平日昼間は出勤しているので駐車スペースは使っていないということもあるでしょうし、週末は実家に帰っているので丸々駐車場が空いているという人もいると思います。そもそも、一台分駐車場が空いているケースも考えられます。

その場合、駐車場を使っていない時間帯に有料でそのスペースを貸し借りすることが出来るサービスが、駐車場シェアリングサービスです。

借主は都合のいい時間と場所を好きに選ぶことができ、貸主は、何もせず、ただ場所を貸すだけで副収入を得ることができるというわけです。

貸す側にも借りる側にもメリットの大きい、WINWINのビジネスです。

とはいえ、駐車場シェアリングサービスが具体的にどういうものなのかわからない、という人は少なくないと思います。

今回は駐車場シェアリングサービスを基礎から、わかりやすく解説していきます。

駐車場シェアリングサービスとは

駐車場シェアリングサービスには、二つの側面があります。

つまり、貸す側借りる側です。それぞれの立場により、駐車場シェアリングサービスの捉え方は変わってきます。そして、利用者はどちらの立場にも立つことが可能です。

 

【貸す側】

貸す側にとっての駐車場シェアリングサービスとは、空いている駐車スペースを、時間貸し、または月極で貸し出すことで、副収入を稼ぐことができるサービスです。駐車場を利用していない時間帯を活用して収入を生み出すことができるという大きなメリットがあります。

【借りる側】

借りる側にとっての駐車場シェアリングサービスとは、時間単位や月極単位などで、駐車場を借りることができるサービスです。自宅の駐車場が足りない時、旅行先で駐車場を見つけたい時、イベント時の駐車場探しをしたい時など、様々なケースで利用可能です。

 

駐車場シェアリングサービス/貸す側のメリット・デメリット

貸す側のメリット

駐車場シェアリングサービスにおける、駐車場を貸す側のメリットとしては、空いている駐車スペースを有効活用することができ、そのまま放置しているだけでは得ることができない副収入を得ることができる、という点です。

持ち家の駐車場だけでなく、月極で借りている駐車場を、駐車場シェアリングサービスで貸し出すこともできるため、入っていた副収入で毎月発生する駐車料金を補填することも可能です。

 

貸す側のデメリット

駐車場シェアリングサービスにおいて、駐車場を貸し出す側のデメリットは基本的にありません。あるとしたら、「リスク」と表現するのが正しいでしょう。

主なリスクとしては、以下の通りです。

 

駐車場シェアリングにおける「貸す側」のリスク

・駐車場内および入出庫時の事故のリスク

・不正利用/不正駐車のリスク

・騒音/ゴミ/窃盗などのトラブル全般のリスク

 

いずれのケースも、サービス提供会社と連携して対処する形になりますが、少しでも発生確率を下げるために、しっかりと対策も考えておくと効果的です。

 

駐車場シェアリングサービス/借りる側のメリット・デメリット

借りる側のメリット

駐車場シェアリングサービスにおける、借りる側のメリットは、自分の都合に合わせて日本全国から条件の合う駐車場を探し、利用することができるという点です。

自宅近くの駐車場、旅行先での駐車場、イベント時の駐車場、様々な用途で利用できます。

あらかじめ予約をしておくことで、駐車場の空きがなくて駐車できないというケースを防ぐこともできますし、現地やネットで探そうと思っても見つけることができない穴場、個人所有の駐車場を発見することができます。

料金についても、コインパーキングなどと比較してリーズナブルなケースが多く、コスト面でも有利です。

自家用車を持っていて、色々なところへ出かける機会が多い人にとって、これほど便利なサービスはありません。

 

借りる側のデメリット

駐車場シェアリングサービスでは、明確なデメリットは存在しないものの、気を付けておきたいポイントはいくつか存在します。ここでは、主な注意点をご案内します。

・貸し出している間は、緊急で使いたくなっても自分で利用することができない。

・場所によっては希望の地域に駐車場を発見できないことがある。

・不正駐車や時間オーバーなどのトラブルが発生する可能性がある。

 

当然のことながら、貸し出し中は借主の車が駐車場に駐車されることになるため、自分がいくら緊急で自分の駐車場を使いたいと思っても、利用することはできません。

また、場合によっては貸し出し予定時間を過ぎても借主が現れず、自分の車を駐車できない、というようなトラブルが発生する可能性もゼロではありません。

念のため、多少オーバーされてしまったとしても自分が駐車できないという事態を避けるため、時間に余裕をもって貸し出し時間の設定をしておきたいところです。

その他、場所によっては希望するような駐車場が見つからないケースもあります。特に人があまり住んでいない地域に行けば行くほど、駐車場シェアリングサービスの利用者自体が激減してしまうので、駐車場を発見できないこともあります。

これを防ぐためには、複数の駐車場シェアリングサービスを同時利用しておくと、A社では見つからなかったけれど、B社運営のシェアリングサービスでは駐車場を発見できた、というケースも十分あり得ます。

初めから複数に登録するのは抵抗もあるでしょうが、後から手続きしようと考えると忘れてしまったり面倒になって行動しなかったりということもありますので、できれば同じタイミングで複数社登録し、それぞれ比較しながら使ってみましょう。

 

駐車場シェアリングサービスのお勧め事業者

貸す側にお勧めの駐車場シェアリングサービス事業者

お勧め事業者:特P
対抗:akippa

自宅駐車場など空きスペースを貸す側の場合、最もお勧めな駐車場シェアリング事業者は、アース・カーが運営する「特P」です。

お勧めの理由は、なんといっても手数料の安さです。「手数料が安い=副収入が大きくなる」ということなので、貸し出す側にとっては何よりもメリットが大きいと言えます。

業界最大手akippaが手数料50%であるのに対して、特Pでは手数料が30%に抑えられています。つまり同じ1,000円の駐車料金が発生した場合、akippaでは500円の利益、特Pでは700円の利益です。

20%の手数料の差は、額が大きくなればなるほど影響が大きくなります。10万円分の駐車料金を獲得できても、akippaだと収入は5万円、特Pなら7万円と2万円の差になります。

もちろん、そもそも駐車してくれる人が現れなければいくら手数料が有利でも意味がありませんから、お勧めの方法としては、まずは特Pで貸し出しを試してみて、稼働具合をチェックし、思ったよりも借りてくれる人が少ないと感じたなら、次はakippaで試してみるといいでしょう。

借りる側にお勧めの駐車場シェアリングサービス事業者

お勧め事業者:akippa

対抗:特P

借りる側として駐車場シェアリングサービスを利用する場合のお勧め事業者は、やはりakippaです。

理由は、やはり会員数の多さで、目的の駐車場をより見つけやすい可能性が高いためです。

同時に、選択肢は多ければ多い方がいいですよね。

とはいえ、借りる側は貸す側以上に気楽に利用ができるので、akippaも特Pも、両方登録して駐車場を探すのが最も賢い使い方と言えます。

 

駐車場シェアリングサービスの目的と決済方法

そもそもどういう目的で駐車場シェアリングサービスを利用したいのかを、まず明確にしてみてもいいでしょう。

・レジャー/観光/イベント/ショッピング/デート/ビジネス/出張/営業

・来客用駐車場/自家用車用駐車場

 

決済方法は、基本的にはクレジットカードとなりますが、事業者によっては携帯事業者のキャリア決済に対応している事業者もあります。

例えばakippaでは、ソフトバンクや楽天、MVNO(格安SIM)には非対応ですが、ドコモとauについては、携帯料金合算払いが可能です。

今のところまだ選択肢が少ないですが、今後バーコード/QRコード決済(paypay/d払い/au payなど)にも対応してくる可能性は十分あると思います。

楽しみに待ちたいところですね。