駐車場雑学

駐車時にワイパーを立てる意味と交換/凍結時の対処方法

雪に慣れている地域では当たり前のことでも、逆にほとんど雪が降らない地域では知られていない降雪時の常識は多数あります。

その中の一つが、「雪が降った時には自家用車のワイパーを立てる」、という行為です。

何故わざわざワイパーを立てているのか、どういう時にワイパーを立てた方がいいのか、立てなくてもいいケースはあるのか、解説していきます。

 

ワイパーの凍結による故障を防ぐため

雪がよく降る地域で降雪のたびに自動車のワイパーを立てる理由としては、ワイパーのゴムが凍結し、そのまま動かすとワイパーゴムおよびアーム部分の故障の原因になってしまう可能性があるためです。

あらかじめ立てておけば、ゴムが凍ってフロントガラスに張り付くのを防ぐことができます。

主に、長時間運転しない時間がある際、つまり夜間などにワイパーを立てられているケースが多いです。もちろん日中であっても、雪が降っていて長時間運転をしないのであれば、ワイパーは立てておく、という意識を持っておくと、大切な自家用車のワイパーやフロントガラスを守ることが出来て安心です。

 

ワイパーの仕組み

自家用車におけるワイパーは、ワイパースイッチ、ワイパーモーター、リンクアーム、ピボット、ワイパーアーム、ワイパーフレーム、ワイパーゴムという部品から作られており、運転席でワイパースイッチをONにすることで、ワイパーモーターが回転します。

すると、力がリンクアーム・ピボットを通り、ワイパーアームを動かします。結果、ワイパーフレームに取り付けられたワイパーゴムで、水分をふき取ってくれるというわけです。

厳密には、ふき取るというよりも水の膜を均等にすることで視界を見やすくしている、という方が正解です。

絶妙な力加減で成り立っている仕組みなので、少しのズレやひずみがあると、妙な音が出てしまったり、水のふき取り感が弱くなり、利用しても視界が見やすくなりにくくなったりすることがあります。

そのため、雪の日には凍結による故障を防ぐべく、ワイパーを立てておいた方がいい、ということですね。

 

そもそも雪を下す際に邪魔になる

ワイパーを下したままにしておくと、雪をフロントガラスから下ろす作業をする際の邪魔になります。あらかじめ立てておけば、スムーズに雪下ろし作業を進めることが出来るというわけです。

 

屋根付き駐車場では立てる必要はない

当然のことですが、極端に寒いから、雪が降っているから、といって、屋内駐車場では基本的にワイパーを立てる必要はありません。

理由としてはもちろん、雪が降り積もることがないから、です。

平置きでも屋根付きの駐車場なら問題ありませんし、機械式駐車場の場合も同様です。タワー式駐車場などではむしろ、ワイパーを立てたりすると逆に危ないと考えられます。

ワイパーを立てる意味をしっかり理解しておきたいところです。

 

屋根付き駐車場の場合でも注意したいケースとしては、雨や雪の中を帰ってきてワイパーが濡れている状態であるのなら、駐車場の温度によってはそのままにしておくと凍結してしまう可能性はあります。ワイパーを立てるべきか否かは、状況に応じて判断しましょう。

凍結したワイパーゴムにお湯をかけるリスク

ワイパーを立てるのを忘れてしまっていた場合、凍結したワイパーを溶かすため、フロントガラスの氷を解かすために、お湯をかけたことがある、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ただ、凍り付いているワイパーゴムやフロントガラスにお湯をかけて溶かす行為は、ゴムの変形を招いてしまったりとリスクも大きいです。できればエンジンをかけることで自然に溶けるのを待ちましょう。

急ぎの場合には、早めにエンジンをかけておくという方法が確実ではあるものの、解氷剤が市販されていますので、そちらの利用を検討してみましょう。

 

ワイパーは消耗品/交換時期

ワイパーのフレームとゴム(合わせてワイパーブレード)は、どちらも消耗品です。

凍結による故障に注意しつつも、定期的な交換も必要です。ゴムは半年に一度、フレームは一年に一度の交換が推奨されますが、実際のところほとんど交換せずに利用されている方もいますので、それぞれの部品の傷み具合を見ながら、という感じになります。

そういう意味では、雪国の人でなければ、雪が降ったからと言ってワイパーを上げる上げないということに神経質になる必要はそこまでないのかもしれません。