FX

打ち消し発言からの上昇相場/2023年12月11日

朝9時台から完全な上昇相場。

週足で見れば一度下を見に行っても良さそうだと考えていたが、下がる気配はなく、上昇基調を維持。

うまく乗れなかったので、微益を維持する形で、6万程度のプラスで15時台へ。

この時間、天井を付けてからの下落に巻き込まれ、一気にマイ転。

最大でマイナス20万までみることに。だが、なんとか取り戻しつつ、16時台の爆上げに助けられ、プラスを回復。

16時台は、日銀関係者による修正打ち消し発言だったため、かなり強く146円台を一気に回復。ロングを握ったままにすればよかったのだが、そうそうに逃げてしまったので、プラスはほどほど。その後の激しい値動きをとらえてどうにか10万越え。

最終的には細かく拾って12万まで積み増し。

欲張らずアメリカ時間は小動きだったこともあり終了。

結果的には無難な一日になったものの、危ない場面もあり、やはり5pips損切りは最初から入れておいたが良さそうだと感じた。瞬間的に5万を超えるようなマイナスを打った場合、手動ではどうしても躊躇してしまうため、被害は大きくなりがちだ。

機械的に、最低限の被害で済ませられるなら、そちらの方がいいだろう。もちろん、それによって損切り貧乏になる可能性はあるが、そもそもそうした大きなマイナスを瞬間的に抱えるような場所でエントリーするのが悪い。その場合の損失は、5pipsでも受け入れるべきだ。

ともあれ、運も味方になりつつある。このまま今月分をとりあえずプラスにしておきたい。